用語踏襲

「今回ポスターを作成するが、既存のパンフレットで使われている用語や表現を踏襲して欲しい」というようなご要望をいただくことがあります。

該当する用語等が限定されていて且つ数が少なければ、対応は可能です。電子ファイル形式の「対訳表」をご提供いただくのが理想です。

「用語(正解)を提供するのだから、翻訳料は安くなるだろう」と考える方もおられますが、少し事情が異なります。
翻訳という作業を、「ぼくは、さんかげつのあいだ、しょうがいしゃせんたーではたらきました」という文章を「僕は、三ヵ月の間、障がい者センターで働きました」のように変換する作業だと考えていただきましょう。
この際、お客様から、「しょうがいしゃ」は「障がい者」と表記して下さい、というような指示があれば(該当する用語等が予め指定されていれば)、対応は可能です
ところが、「過去に発行された冊子がありますので、それを読んで、必要な箇所は踏襲して下さい」というような場合、全ての言葉について、踏襲の有無や踏襲すべき表記方法を確認しなくてはなりません。

- ぼく : 「ぼく」「ボク」「僕」?
- さんかげつ : 「三ヵ月」「三か月」「三ヶ月」「三箇月」・・・?
- しょうがいしゃ : 「障害者」「障がい者」?
- はたらきました : 「働きました」「はたらきました」?

こうした作業がどれほどの時間と労力を要するのか、また、結果を保証することがどれほど難しいか、ご想像いただけると思います。

従いまして、用語踏襲サービスについては、その作業内容に応じて、「用語踏襲作業料金」が発生したり、対応をお断り
させていただくことになります(見積時にご案内させていただきます)。

エクセル上書き

エクセルではフランス語に特有の「アクセント文字」の入力が容易でない等の理由により、ワードでいったん作成した翻訳文をコピぺしております。
このため、作業内容に応じて、追加料金が発生します(見積時にご案内させていただきます)。

ワード上書き

テキストボックス内への入力等、翻訳以外の作業が生じる場合は、追加料金が発生することがあります(見積時にご案内させていただきます)。


フランス語翻訳マリアンヌ