マリアンヌ翻訳
一般翻訳 トップページ 証明書翻訳 トップページ サイトマップ
Traduction Page d'accueil Traduction certifiee Page d'accueil Plan du site
Translation Top page Certified translation Top page Sitemap
一般翻訳 お問い合わせ 証明書翻訳 お問い合わせ (背景)

接種証明書のフランス語翻訳と
フランスの衛生パス申請代行について

世界は「アフターコロナ時代」に向けて動いています。ビジネスや旅行を目的とした国際的な人の往来が徐々に再開されつつあります。そこで必要になるのが、ワクチン接種証明書などです。

ところが日本では、英語のものや英語が併記されているものは取得できますが、フランス語のものはそうはいきません。


1 - 接種証明書のフランス語翻訳(対象:フランス語圏)

マリアンヌ翻訳では、ワクチン接種済証明書や接種記録書の フランス語訳(翻訳証明つき)3000円 で承っております。原本がこちらに届いてから24時間以内に郵送させていただきます。

また、文部科学省が留学予定の高校生等を対象に「接種記録保有証明書」の発行を始めましたが、「英語版」しかありません。フランス語圏に留学される方にとっては何とも不安な話です。

おまけに、同証明書の申請の際には、留学先の入学許可証などの証明書類を日本語に翻訳して文部科学省に提出しなければなりません。「仮訳でよい」とのことですが、それでも大変です。

留学前の余計な不安を、弊方の格安&迅速サービスで解消していただければ幸いです。
翻訳証明書は無料。入学許可証などの「仮訳」(=抄訳)にも対応させていただきます。

フランス語圏(フランス・ベルギー・スイス・カナダなど)に行かれる際はご検討下さい。

なお、陰性証明書については、検査機関や医療機関に「フランス語の書式」に必要事項を転記してもらうのが最善の方法です。


接種証明書の仏訳文書(翻訳証明書つき)の作成 : 3000円

- 原本がこちらに届いてから24時間以内に郵送させていただきます

記入項目が記載された返信用メールが起動します
toiawase@marianne.jp


2 - フランスの衛生パス申請について

フランスでは、様々な場所や機会で「衛生パス(pass sanitaire)」の提示が義務化され、飲食店や美術館に入る際にも提示が必要です。対象年齢は、「2021年10月1日現在で12歳と2か月以上の人」と定められています。

日本で交付されている「海外渡航用・新型コロナウイルス感染症予防接種証明書(ワクチンパスポート)」は、フランスへの入国は認められても、フランス国内で運用されている衛生パスとしては使用できません。

 在フランス日本大使館ウェブサイト

そうした中、フランス政府は、ワクチン接種済み外国人旅行者に対し、衛生パス(QRコード)を発給する特別措置を講じています。

 フランス外務省ウェブサイト
 在日フランス大使館ウェブサイト

オンライン申請の経緯と現況

夏以降、メールでの申請やオンライン申請専用サイトを通じた申請の受付がおこなわれてきました。

ただ、「申請しても衛生パスが届かない(届かなかった)」というご相談をたくさんいただいたため、マリアンヌ翻訳では9月に申請代行サービスをスタートさせていただきました。

申請代行サービスは成果(取得成功率100%)を収め、ご依頼いただいた方々には安心して渡航していただくことができました。

ところが、10月31日に、何の予告も説明もなく、申請専用サイトでの新規受付が「中止」になりました(申請済みの案件の審査は継続しておこなわれ、衛生パスは交付されています)。

それ以降、外国人旅行者を対象としたオンライン申請は再開されていません(2022年1月20日現在)。

現地での申請

フランス保健省関連サイトによれば、外国人旅行者を対象とした衛生パスの交付が現地の特定の薬局でおこなわれています。本人が「パスポート」と「接種証明書」を提示して申請をする形です。

上記以外の申請方法は現在のところ無いようです。

「オンライン申請を受けつける薬局がある」という情報もありますが、「本人が現地でパスポート等を提示する」ことを国が原則として定めている以上、そうした方法は全て違法ということになります。実際、オンライン申請を受け付けているという薬局に問い合わせてみたところ、「暫定的な対応」「数量限定」など、違法なサービスをおこなっていることを裏付ける回答がありました。

マリアンヌ翻訳としては、そうした違法行為に関わることはありません。薬局への依頼を代行して欲しい、というご依頼もありますが、全てお断りしています。

今後の対応

11月5日、フランスの国民議会は防疫措置の運用期間を2022年7月31日までとする法案を可決しました。7月末まで、フランスでは衛生パスが必要ということになります。

これからフランスを訪れる外国人観光客が増えた時に、今のような形(特定の薬局での申請・交付)で対応できるのかどうか、フランス政府もわからないのでしょう。今後の方針に関する正式な発表はありません。オンライン申請制度を再開させるかもしれません(フランス人を対象にしたオンライン申請は継続しています)。

マリアンヌ翻訳としましては、正規のオンライン申請が再開された際には申請代行サービスを再開させていただく予定です。


toiawase@marianne.jp


マリアンヌ翻訳の各種サービス

フランス語翻訳(実務翻訳:手紙から法令まで)

証明書(公文書・公的書類・証明書)の翻訳(フランス語/英語)

フランス・各種ビザ申請書類の翻訳

ベルギー・各種ビザ申請書類の翻訳

スイス・各種ビザ申請書類の翻訳

カナダ・各種ビザ申請書類の翻訳



はてなブックマークに追加

翻訳者の紹介 フランス語講座 フランス語通訳
総合規約 特定商取引法に基づく表示