フランス語翻訳 traduction
フランス語法定翻訳 traduction certifiee

翻訳会社とは?

翻訳会社とは、ある言語の文書や文章を他の言語に変えるサービスを提供する事業者です。
実際の翻訳作業の「実行部隊」の形態は様々です。
翻訳者を社員として雇用しているところもありますが、少数派です。固定費(給料)が発生することが最大の理由ですが、逆の見方をすれば、会社として成果物(翻訳)のクオリティを担保しようという姿勢やそれだけの量の依頼を常に受注しているという実績の証左ともいえるでしょう。
多数派は、「翻訳者登録」の形を採用しています。会社としては、依頼が入った時に「右から左へ」回せばよいため効率的です。料金も安く設定できますし、多言語展開も容易です。その半面、成果物(翻訳)の良し悪しを会社として把握できているかという点に疑問符がつくかもしれません。また、海外在住の日本人の「もぐり営業」「不法就労」の温床になっているとの指摘もあります。


違う形で翻訳サービスを提供しているのが、個人の翻訳者です。
自分のHP等を介して直接的に依頼を受ける案件や、翻訳会社の「登録翻訳者」として下請け案件をこなすという事業形態です。自信がある翻訳者は前者と後者の両方の案件を、自信がない翻訳者は後者の案件のみをおこなっているといえるのかもしれません。
なお、日本人翻訳者の大半が「外国語(1つ)から日本語」への翻訳のみの対応をされておられます。外国語を読んで理解するのと外国語を書くという作業は必要とされる能力のレベルが違うからです(きっちりと外国語に訳せていない文章はネイティブに校正してもらっても問題が残ります)。
個人翻訳者のウィークポイントは、大型案件の「納期」でしょう。案件を他の翻訳者と分担するという考えはほぼ無いため、「100ページの文書を5日以内に」という案件は物理的に無理になるからです。また、「HPを多言語化したいので5か国語に訳して欲しい」という依頼にも対応できないでしょう。


フランス語翻訳 traduction
フランス語法定翻訳 traduction certifiee