母子手帳(予防接種記録)の法定翻訳について


「未成年の就学ビザ」の申請時に、フランスで義務付けられている予防接種の接種済証の提出が求められます。

対象となる予防接種として、在日本フランス大使館が作成している提出書類リストには、「ポリオ」(日本語版リスト)及び「ジフテリア・破傷風・ポリオ」(フランス語版リスト)が記載されています。

従って、母子手帳(予防接種記録)を法定翻訳する際には、
- 氏名等が書かれたページ
- 「ジフテリア」「破傷風」「ポリオ」の接種記録があるページ
に絞って翻訳をさせていただいております。

「その他の予防接種」のページも含めた翻訳を希望される場合はお申し付け下さい(料金別途)。

なお、「当該ページの原本証明コピー」と「翻訳文」を綴じ合わせた形での納品となります。


在日フランス大使館公認翻訳者 北村昌彦 (フランス語翻訳マリアンヌ)