【翻訳ポリシー】        トップページ


「直訳」「意訳」という言葉がありますが・・・

例えば、日本人が仏語資料の和訳を必要とされている場合には、「直訳」に近い訳文になります。 日本語の文章としては多少の「不自然さ」があるかもしれませんが、読み手は「翻訳文であることを承知の上で」読むわけですし、「資料の文言をある程度忠実に把握したい」という方が多いからです。
これに対し、フランスの企業に新規取引を依頼する書簡などは、「意訳」になります。 フランス人に読んでもらう文章であれば、仏語の通例に従った文章に仕上げるのが好ましいからです。 読み手が「不自然さ」を感じることなく読めるように、最大限の工夫をします。 また、「宜しくご鞭撻下さい」といった言い回しは、「お互い良い仕事をしていきましょう」などと書き換えることになります。 「ご鞭撻下さい」という社交辞令を使わない国民に「ご鞭撻下さい」と言っても、「???」と思われるだけなのです。大切なのは、「元原稿の一字一句が正確に翻訳されているか」ではなく、「読み手であるフランス人がどう感じるか(どう理解するか)」なのです。
仏語の観光ガイドブックを日本人向けガイドブックとして和訳する場合のように、 原文の表現を尊重しつつも日本語としてある程度まとまりのある文章に仕上げた方がよいケースもあるでしょう。 この場合、「直訳」と「意訳」の中間的な仕上がりが望ましいといえるでしょう。
このように、「直訳」か「意訳」かは、翻訳文の用途によって決まってくるものといえるでしょう。



翻訳とは?

「一語一句を置き換えてゆくと翻訳文が完成する」のであれば非常に楽なわけですが、翻訳という作業はそれほど単純ではありません。

翻訳で大切なことは、
@原文の意味を正しく伝えること
A翻訳文を、日本語(フランス語)として正しいものに仕上げること
の2点です。

この2点を達成するために、様々な「工夫」をします。「工夫」をすればするほど、「一語一句を訳す翻訳」からは遠ざかります。 「複数の文を段落レベルで再構築(編集)しながらの翻訳」も特別な作業ではありません。
そのため、「机上の語学」の域を出ない翻訳者の中には、こうした工夫を理解できずに、 「正確さに欠ける翻訳文だ」「間違った翻訳文だ」などと判断される方がおられることも事実です。そして、そういう翻訳者に限って、「内容が理解できない翻訳文」や「フランス人が読んで理解できないフランス語」を書いて平気な顔をしているわけです。「日本人は、アメリカ人が読んで理解できない英語を書く」という定評がありますが、全く同じ現象です。

以下において、日本語→フランス語の翻訳における「工夫」の例を幾つか簡単に紹介いたしますが、 「機械翻訳(自動翻訳・翻訳ツール)」では絶対に無理な作業だと、お感じになることでしょう。
また、「元原稿と翻訳文を逐語的に比較・対照して『正確さ』を論じることの無意味さ」や「言葉の奥深さ」や「翻訳の難しさ」を感じていただければ幸いです。


● 正しい言葉・表現を使用する(直訳しない。辞書を鵜呑みにしない。「言葉」ではなく「意味」を訳す。)

例1-1 : 離乳食
(正) diversification alimentaire
*この「食事の多様化」という言葉が、日本の「離乳食(を進めて普通の食事へ移行すること)」に相当。

例1-2 : フランス語のレッスン
(誤) leçon de français
(正) cours de français
*「レッスン≠leçon」。外来語には注意が必要。

例1-3 : 火災の可能性
(誤) possibilité d'incendie
(正) risque d'incendie
*火災のリスク(危険性)

例1-4 : 成績が伸びた。
(誤) Les résultats sont étendus.
→ 「étendre」は、「(足を)伸ばす」「(洗濯物を)広げる」という言葉。
(正) Les résultats sont améliorés.
(=成績が向上した。)


● 必要に応じて「足したり・引いたり・ひっくり返したり・言い換えたり」する

例2-1 : 今年は事故が増えた。
(誤) Les accidents ont augmenté cette année.
(正) Le nombre d'accidents a augmenté cette année.
(=今年は事故の数が増えた)
*「事故」自体は、増加も減少もしない。

例2-2 : サービスを向上させなければならない。
(誤) Il faut améliorer le service.
(正) Il faut améliorer la qualité du service.
(=サービスの質を向上させなければならない)
*「サービス」自体は、向上も低下もしない。

例2-3 : 私の夢は世界一周です。
(誤) Mon rêve est un tour du monde.
(正) Mon rêve est de faire un tour du monde.
*私の夢は世界一周をすることです。(名詞や名詞節を正しく使用)

例2-4 : 心からの感謝をこめて
(誤) avec tous mes remerciements du coeur
(正) avec tous mes remerciements
*「du coeur(心から)」は蛇足。
但し、Je vous remercie de tout coeur. という文章は正しい。

例2-5 : 太郎は次郎から相談を受けた。
→ Jiro a demandé conseil à Taro
.
(=次郎は太郎に相談した)
*「相談する」は「demander conseil(アドバイスを求める)」という。ところが、「アドバイスを求められた」という受動態の表現(être demandé conseil)は成立しない。


● 読みやすく・理解しやすく・明確な文章にする

例3-1 : パリモーツァルト通り1960年火災
incendie de l'avenue Mozart de Paris de 1960
→ incendie survenu dans l'avenue Mozart à Paris en 1960
*「の=de」の一点張りは困りもの。「1960年にパリのモーツァルト通りで発生した火災」


● 前後の文章とのバランス、全体的なバランスを考える

例4-1 : 「反復」を避ける
Je pense que... Je pense que... Je pense que...
→ Je pense que... Je crois que... Je suppose que...
*「思います=penser」の一点張りは困りもの。

例4-2 : 「反復」によって並列関係を明確にする
les Lois sur A, concernant B et relative à C.
→ les Lois sur A, sur B et sur C.

例4-3 : 「繰り返し」を避け、簡潔な文章にする
利益を増やすために、利益を増やすための対策を考え、利益を増やすように全力を尽くす。
(誤) Pour augmenter le bénéfice, je vais élaborer des mesures permettant d'augmenter le bénéfice et je ferai tous mes efforts pour augmenter le bénéfice.
(正) Pour augmenter le bénéfice, je vais élaborer des mesures nécessaires et je ferai tous mes efforts pour y parvenir. (=利益を増やすために、必要な対策を考え、その達成のために全力を尽くす)

例4-4 : 文脈に沿った翻訳をする
「宜しくお願いします」の仏訳文は、いつも同じではありません。
- Enchanté.
(=はじめまして)
- Je vous demande de faire le nécessaire.
(=必要な措置を講じて下さいますようお願いします)
- Je compte sur vous.
(=あなたに期待しています / あなたを当てにしています)
- Veuillez agréer l'expression de mes sincères salutations.
(=敬具)
- Je vous remercie d'avance.
(=前もってお礼を述べておきます)


● 特有の表現などを考慮する

例5-1 : 私は北村です。
Je suis KITAMURA.
→ Je suis Monsieur KITAMURA.
*自分にも「Monsieur/Madame」をつける。自分にも「さん付け」をする。

例5-2 : (田中部長宛ての手紙の中で)田中部長には感謝いたしております。
(誤) Je remercie le Directeur TANAKA.
(正) Je vous remercie.
*「(文頭などの)呼びかけ」を除き、相手は「vous(あなた)」。
*「肩書き+姓」という言い方もしない。


例5-3 : 昨日、友達に会った。
Hier, j'ai vu un ami.
→ Hier, j'ai vu un de mes amis.
*この場合、日本語でいう「私の友達の一人」とはニュアンスが違う。

例5-4 : プロの翻訳家チーム
(誤) Equipe de traducteur professionnel
(正) Equipe de traducteurs professionnels
*複数の翻訳家がいないと、チームは成立しないため。日本語にはない「常識」。


● 習慣や文化的背景などを考慮する

例6-1 : 内税方式なので、別途消費税はかかりません
La TVA étant comprise dans le prix de vente, ...
→ Prix TTC (=税込価格)
*日本が「総額表示方式」に移行したのは2004年4月と比較的最近のことなので、例文のような説明にも一定の意義があるようですが、総額表示方式が浸透しているフランス人には違和感があります(日本人が日本国内のレストランで「チップは不要です」という表示をみたら一瞬「えっ?そんなの当たり前でしょう?」と思うのと同じです)。原稿の一字一句にこだわらず、習慣や文化的背景を考慮した上で、翻訳をする必要があります。


● 文章としての完成度を高める(元原稿の内容に起因するものも含む)

- 整然さを欠く文章(並列関係が不明瞭、何と何の比較かわからない、読みづらい)を再編集
- 稚拙な表現を改善
- 文全体のバランス(流れ、前後関係)を考慮し、再編集
- 文化的背景等の違いによる違和感や誤解が生じるリスクの回避


元原稿の「制約」がある中で、上記のような様々な点を踏まえ、「落としどころ」を決めてゆくのが、翻訳という仕事です。

「落としどころ」は1つとは限りません。「正解」は幾つもあることになります。従って、翻訳サービスは、「正しい翻訳文の1例」のご提案を以って完結する性格のものです。このため、
- 「落としどころ」の理由等の説明は、アフターサービスの対象外となります。
-
「別の落としどころ」に変更したいというお客様におかれましては、自己責任でご自由にご対応下さい。



このウィンドウを閉じる



トップページへ