法定翻訳とは?

フランスには「traduction certifiée」「traduction officielle」という制度があります。「証明された翻訳」「認証翻訳」「正式な翻訳」という意味です(在日フランス大使館では「法定翻訳」の呼称を使われています)。
簡単に言えば、「外国語文書のフランス語訳」や「フランス語文書の外国語訳」の信憑性を国として保証しよう、制度です。
但し、国としては、申請される全ての翻訳文書をチェックして認証(査証)を与える作業をおこなうのは大変です。そこで、そうした作業をおこなう権限を特定の翻訳者に付与しています。
フランス国内では、「traducteur assermenté」(=裁判所で宣誓した翻訳者)が法定翻訳をおこなっています。「法廷」翻訳という言い方をすることがあるのは、「裁判所(=法廷)」との結びつきに理由があるようです。
日本においては、在日フランス大使館の「traducteur agréé」(公認翻訳者)が、法定翻訳をおこなっています。

在日フランス大使館公認翻訳者 北村昌彦 (フランス語翻訳マリアンヌ)


なお、「法定翻訳文書」には対抗力がありますが、普通の翻訳者や翻訳会社が発行する「翻訳証明書」には対抗力はありません。