フランスの年金受給に必要な「生存証明書」について

日本で生活をしながらフランスの年金を受給している方は毎年「生存証明書」の提出を求められます。
年金金庫から生存証明用紙が送られてきて、「現地当局で押印されたものを返送して下さい」ということなのですが、日本の市役所ではそのような対応はしていただけませんし、フランス大使館へ出向くのも大変です。

そうした中、2019年4月より、日本の「住民票(を法定翻訳文書化したもの)」が「生存証明書」として受理されるようになりました(大使館HP)。

以下、弊方の最速サービスの流れとなります。料金は、翻訳料(個人票) 3000円 + 送料(国内/レターパックプラスの場合) 500円 です。

第1段階

次の書類をご用意下さい。
● 住民票(個人票)の「原本」
● 住民票の「読み方付きコピー」 : 住民票をコピーし、全ての固有名詞(氏名・住所・本籍地・首長名など)の読み方を付記したもの
第2段階

下記事項をメールにてお知らせ下さい。

『生存証明用 住民票法定翻訳』

●ご依頼人
郵便番号 : 
住所 : 
お名前 : 
電話番号 : 
お支払方法(銀行振込/郵便振替) : 

●郵送先(上記と異なる場合のみ)
郵便番号 : 
住所 : 
お名前 : 
電話番号 : 

「読み方付きコピー」のスキャンデータ(写真不可)をメールに添付してお送りいただくと、翻訳作業を早く開始することができます。

12時間以内に返信が届かない場合はお客様のメール受信設定(迷惑メールフィルター設定)をご確認下さい
第3段階

「原本」および「読み方付きコピー(*)」を下記住所まで郵送して下さい。
* スキャンデータをメールで送付済の場合は郵送不要です

521-0002 滋賀県米原市上多良322
フランス語翻訳マリアンヌ 北村昌彦

お急ぎの方はレターパック(ライト/プラス)等の利用をご検討下さい
第4段階

「読み方付きコピー」の到着から24時間以内に翻訳文書のデータファイル(=仮納品ファイル)をメールでご送付し、固有名詞の表記を確認していただきます。また同メールにて代金を請求させていただきます。

FAQ(住所・氏名の表記について)
第5段階

「仮納品ファイルの了承」及び「お支払手続の完了」をメールでご連絡下さい。
第6段階

仮納品ファイル了承及びお支払手続完了の連絡をいただいてから24時間以内に法定翻訳文書化した住民票を発送させていただきます。レターパックプラス・国際書留郵便(土日発送不可)・EMSなど、追跡可能且つ対面配達される方法で郵送いたします。
第7段階

法定翻訳文書化された住民票に、生存証明用紙(無記入のままで結構です)を添えて、年金金庫へ提出して下さい。

弊方作成の説明書もご活用いただけます。
- 効力について(PDF)
- 生存証明について(PDF)


在日フランス大使館公認翻訳者 北村昌彦 (フランス語翻訳マリアンヌ)