マリアンヌ翻訳
フランス語ネイティブチェック・添削・校正・校閲サービス
フランス語翻訳 証明書の翻訳 日本人翻訳者の写真
TRADUCTION FRANCAIS JAPONAIS TRADUCTION CERTIFIEE フランス人翻訳者の写真
TRANSLATION ENGLISH JAPANESE CERTIFIED TRANSLATION
お問い合わせ お問い合わせ サイトマップ

フランス語ネイティブチェック・添削・校正・校閲サービス

ネイティブチェックとは?

言うまでもないことかもしれませんが、日本語文書の仏訳の場合、日本人(日本語を母国語とする翻訳者)が仏訳したものをフランス人(フランス語を母国語とする人)が校正する作業がネイティブチェックです。


ネイティブチェックをすれば万全?

ネイティブチェックされている翻訳文が万全かというと、全くそうではありません。

何故なら、フランス人チェッカーが日本語をしっかりと理解できる人でない限り、誤訳には気付かないからです。例えば、「桜」が「さくらんぼ」に誤訳されていても「社長」が「取締役」に誤訳されていても、チェッカーはスルーしてしまうでしょう。仕上がりは文法のミス等がなく違和感も無い文章になっているかもしれませんが、それでは意味がありません。

従って、ネイティブチェック云々の前に、フランス語に翻訳する人の力量が極めて大事だということになります。両方の言語で同じように読み書きできる力量を持った翻訳者による訳文でなければ、危なっかしくて仕方がありません。


校正、校閲、プルーフリーディング、添削・・・

フランス語翻訳者/英語翻訳者 フランス生活14年
フランスで起業経験あり
フランス語歴32年
元フランス大使館公認翻訳者 
フランス語翻訳者/英語翻訳者 フランスで起業経験あり
日本生活19年
日本語歴29年
日本語能力試験1級

マリアンヌ翻訳では、日本人バイリンガルとフランス人バイリンガルが膝を突き合わせて原稿のチェックをおこないます。どちらかがおかしいと感じた点は、2人で検討してどうするかを決めています。間違いのない文章なのに解釈が2人で一致しないこともあります。そうした場合には、お客様に質問をさせていただいております。


ネイティブチェック作業の流れ
日本人フランス語翻訳者フランス人フランス語翻訳者 が膝を突き合わせてチェック(別々にチェックしていては気が付かないようなところにまで気が付くのです)
フランス人フランス語翻訳者 が再読
日本人フランス語翻訳者フランス人フランス語翻訳者 が最終確認

従って、ネイティブチェック」と呼んではいますが、実際のところは「校正」や「校閲」や「プルーフリーディング」や「ダブルチェック」などの様々な要素を合わせた以上の「チェック」をおこなっていることになります


専門分野・特殊分野の原稿にも対応できる理由

2003年の創業以来、様々な分野の原稿をチェックしてきました。その中には多くの「論文」も含まれています。

「論文」ですから、新しい知見や概念や理論や仮説ばかりです。従って、お問い合わせいただいた案件の2割ぐらいは対応が難しいと判断し、お断りせざるを得ませんでした。

逆の見方をすると、8割は対応できたわけです。これは不思議なことではないでしょうか。門外漢の人間が専門家が書いた原稿に手を入れるわけです。

それが可能な理由は、チェックの方法にあります。

まず、「専門用語」や「特有な表現・言い回し」のチェックをおこないます。当該分野の専門資料をネット上(フランス語版Google)で見つけ出して「用例」と照らし合わせれば、それらの正誤を客観的に判断できます(簡単な作業ではありませんが)。

そうした確認をおこなった後、「言葉」や「文章」として正しい形に直します(これも簡単な作業ではありませんが)。


マリアンヌ翻訳のネイティブチェック・サービス 料金表(税込)

手紙など平易な文章 : 5 円 / 原稿1単語

ビジネス文書など : 7 円 / 原稿1単語

論文など : 9 ~ 13円 / 原稿1単語

● 対応の可否や料金(単価)については、原稿を見てみないと判断ができませんので、先ずは原稿をお送りいただければと存じます。

● 修正をおこなった箇所は赤字で表記して納品いたします。


関連ページ

フランス語翻訳(実務翻訳)トップページ

手紙・ビジネスレターの翻訳・ネイティブチェック・添削・校正

論文・レジュメの翻訳

Traduction français-japonais



はてなブックマークに追加
フランス語講座 フランス語通訳
お問い合わせ 090-6827-5463