マリアンヌ翻訳(フランス語翻訳・英語翻訳)
フランス語翻訳 トップページ 証明書 翻訳(フランス語・英語) トップページ サイトマップ
Traduction Japonais Francais Page d'accueil Traduction certifiee Japonais Francais Page d'accueil Plan du site
Translation Japanese English Top page Certified translation Japanese English Top page Sitemap
一般翻訳 お問い合わせ 証明書翻訳 お問い合わせ (背景)

自分でも取得できる & 安く取得できる アポスティーユ


アポスティーユとは?

ビザ申請や国際結婚や移住などの手続に必要な翻訳文書を準備していると、「公証」や「アポスティーユ」という言葉が登場します。

このページでは、アポスティーユについて簡単に説明させていただきます。

公証についてはこちらにまとめています

領事認証と公証確認についてはこちらにまとめています

ちなみに、英語圏及びフランス語圏における「アポスティーユ」関連の用語の一般的な呼称は次の通りです。

英語 : アポスティーユ認証(legalisation by apostille)、アポスティーユ認証済翻訳文書(apostille translation)

フランス語 : アポスティーユ認証(légalisation par apostille)、アポスティーユ認証済翻訳文書(traduction apostillée)


アポスティーユとは?


「外国公文書の認証を不要とする条約(略称:認証不要条約)」(1961年10月5日のハーグ条約)に基づく付箋(=アポスティーユ)による外務省の証明のことです。提出先国はハーグ条約締約国のみです。アポスティーユを取得すると日本にある大使館・(総)領事館の領事認証があるものと同等のものとして、提出先国で使用することができます。

アポスティーユ

アポスティーユ


「外国公文書の認証を不要とする条約(ハーグ条約)」の締約国(地域)


具体的に言うと、日本の正式な公文書であることを日本の外務省が対外的に証明するために当該公文書にホチキス留めする小さな書面です。


アポスティーユ認証は2種類あります!


「アポスティーユが必要!」という場合に最初にするべきことは、次のどちらのアポスティーユ認証が必要なのかを特定することです。

 ● 公文書(戸籍謄本など)のアポスティーユ認証
 ● 翻訳文書のアポスティーユ認証

手続(順番)も費用も大きく異なりますので、しっかりと押さえておきたいところです。


1. 公文書(戸籍謄本など)のアポスティーユ認証

公文書にアポスティーユこの手続は、自分で出来ます

申請は、外務本省(東京)もしくは大阪分室に提出します。

窓口申請の場合は交通費が、郵便申請の場合は郵便代が、それぞれかかりますが、アポスティーユ交付手数料自体は無料です

外務省ウェブページ | アポスティーユ申請方法・必要書類

つまり、アポスティーユ取得済の公文書の翻訳をマリアンヌ翻訳にご依頼いただく場合、翻訳費用(戸籍謄本や住民票であれば税込2800円)しか発生しないことになります。

もちろん、「国外に住んでいる」「よくわからない」「面倒」などという場合、マリアンヌ翻訳にアポスティーユ取得代行をご依頼いただくこともできます(代行費用2500円)。

なお、アポスティーユが交付されるのは 発行日より3か月以内の文書 です。

また、「複数ページがホチキス留めされている文書」は、ホチキスを外すとアポスティーユの交付を受けることができませんので、ご注意ください。


2. 翻訳文書のアポスティーユ認証

翻訳文書にアポスティーユ翻訳文書は私文書です。

公文書に翻訳文書や翻訳証明書を綴じあわせたものも、私文書になります。

アポスティーユの交付対象となるのは公文書のみですので、私文書を (1) 公証人認証 及び (2) 法務局による公証人押印証明 によって『公文書化』した後に (3) 外務省によるアポスティーユ認証 を受ける、という手順になります。

マリアンヌ翻訳ではこれら一連の手続を19000円(公証役場手数料11500円を含む)でおこなっております。この料金は相場よりかなり安い筈です。

2点目以降は16000円(公証役場手数料11500円を含む)となります。


特殊なケースもあります


「公文書」と「翻訳文書」の両方にアポスティーユが必要とされる特殊なケースもあります(ベルギーフィンランドのビザ申請など)。

公文書と翻訳文書の両方にアポスティーユ



アポスティーユ、本当に必要ですか?


実際には必要が無い公証やアポスティーユ認証を勧めて「売上」を伸ばしている事業者もいると耳にしたことがあります。

ですから、ビザ申請にせよ国際結婚にせよ外国企業との契約にせよ、提出書類(の翻訳文書)に求められている「証明/認証」の種類を正確に把握することが重要です。提出先の指示や指定をしっかりと確認されることをおすすめします。

ご質問等ございましたら、お気軽にお問い合わせください。

お問合せ・無料見積
お問合せ・無料見積はココをクリック

マリアンヌ翻訳では、オーストラリア・フィリピン・ニュージーランド・インド・ポルトガル・ベルギー・フィンランド・韓国などに提出する翻訳文書にアポスティーユを取得済です。



マリアンヌ翻訳の各種サービス

日本人フランス語翻訳者/英語翻訳者 フランス語歴30年以上
英語歴30年以上
元フランス大使館公認翻訳者
(日本語/フランス語/英語) 
フランス人フランス語翻訳者/英語翻訳者 日本生活20年
日本語歴30年以上
英語歴30年以上
日本語能力試験1級

【総合案内】 証明書(公文書・公的書類・証明書)の翻訳(フランス語/英語)

戸籍謄本・戸籍謄本の英語翻訳 格安 税込2800円

住民票の翻訳 格安 税込2800円

婚姻届受理証明書の翻訳 格安 税込2800円

出生届受理証明書の翻訳 格安 税込2800円

離婚届受理証明書の翻訳 格安 税込2800円

死亡届受理証明書の翻訳 格安 税込2800円

認知届・日本国籍取得手続必要書類の翻訳

運転免許証などの翻訳 格安 税込2800円

保険証(被保険者証)の翻訳 格安 税込2800円

調理師・製菓衛生師・栄養士・管理栄養士免許証の翻訳 税込2800円

理容師・美容師免許証の翻訳 税込2800円

医師免許・看護師免許・保健師免許証などの翻訳 税込2800円

学位記・卒業証書・卒業証明書などの翻訳



はてなブックマークに追加
お問い合わせ 090-6827-5463